無添加化粧品 メリットとデメリット

基本的にスキンケア商品には肌に良い成分が入っています。 ただ、いくら肌に良い成分が入っていても、同じくらい悪い成分も入っていたら、 肌に良い化粧品とは言えない・・・むしろ、逆効果です。 それで無添加の商品を選ぶ人も多いと思います。 ただ、無添加を謳う商品で、よくパラベンフリーと書いてあるものがありますが、 パラベンには防腐効果があります。オイル100%などでもない限り、 水分を含む化粧品に防腐剤が入っていなければ、腐ってしまいます。 パラベンを入れていないなら、その商品が何によって防腐されているのか 確認することが大事だと思います。 そういうものの中にはエタノールが多く配合されていたり、かえって肌への刺激が 強くなっているものもあるからです。 無添加と書いてあれば何でも安心安全ではないと知っておくべきだと思います。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

このページの先頭へ