少しでも顔が明るく見えるような化粧品をセレクト

私の美しさのテーマは、「明るさ」です。  だからシミを薄くするためのクレンジングや洗顔石鹸は、いつもたくさん購入して常にストックしています。  泥パックやスクラブタイプのマッサージジェル、ピーリング石鹸も10日に1回使って、余分な角質を取り除くようにしています。  このケアでだいぶ顔が明るくなってきました。  あとは美白化粧水に、美白美容液、美白クリームを毎日使い続けています。  基礎化粧品以外でも、メイクも自分で市販のリキッドファンデーションにピンクやパール系ホワイトのコントロールカラーを混ぜて、明るいファンデーションの色を作っています。  だからかなり色白に見られます。  ベースメイクを明るくできれば、ルージュの色もサーモンピンクにしたり、チークも明るいピーチ色、アイシャドウもシルバーパールと、かなり垢抜けたメイクに挑戦できるのです。  顔が明るくなると、道を歩いているといろいろな人が振り返るので嬉しいです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

このページの先頭へ